サイトメニュー

カウンセリング

新しい心の病とは

非定型うつ病は、今までのうつ病とは違う点があります。それは症状が安定しないということです。気分によって症状が違うということもあります。日によって状態が変化していくこともあるので知識があれば診断しやすくなっています。

詳しく見る

悩む男性

認識されにくい病気

非定型うつはうつ病と違って、普段は症状が現れるものではありません。仕事や学校に行く前など、なにかストレスを感じる場所へ行くようになれ症状が現れる病気です。なかなか周囲から病気を認識されにくいため、症状を放置する人もたくさんいます。

詳しく見る

男医

費用を調べておく

非定型うつ病を治療するには、正確な診断をしてもらう必要性があります。現在では、専門的に治療を行っている病院やクリニックなども増えていることから、そうした医療機関を活用することがとても大事です。特徴を知ることも重要です。

詳しく見る

若い女性に急増中

男性

人間的成長を目指す

10代から30代の若い女性の間で増えているのが、非定型うつです。どちらかというと、いい大学を出て、希望通りの会社に就職し、あまり挫折もなく順当に人生を生きてきた人ほどなりやすい傾向にあるので注意が必要です。非定型うつの人は、見るからに印象が暗く、傍から見ると従来型のうつ病の人よりも、病態として深刻な印象を与えることもあります。しかし、ある特定の条件のもとだけでうつ的な症状を表します。そのため、全身からうつうつとした暗さを発している姿が、周囲からすると演技に映ることも多いです。たとえば、会社に行っている間、あるいは行こうとするとうつ状態になるけれども、休日は釣りやダイビングに出かけるほど行動的です。実際に、非定型うつで休職している間に、海外旅行に行く人の割合は多い傾向にあります。しかし、再び出勤するとうつ症状に陥るので、そんな落差に周囲を戸惑わせてしまうこともあります。また、非定型うつの人は、自分が使える権利というものに対して、非常に敏感です。現実感覚が鋭く、うつ病に関することや会社の雇用システムのことなど非常に詳しいです。頭のいい人がなりやすいことも手伝って、与えられた権利をフル活用することで、自分の存在を主張することに優越感を持つ傾向にあります。もっとも、こうした行動を客観的に見ていくと、社員としての権利をフル活用して、度々休職することは、長い目で見てマイナス評価につながります。しかし、そうしたことに気が回らない、客観的な視点が欠けているのがこの病気の特徴です。周囲は、主観性が強いことを理解し、本人は治療して関係性を修復していくことが大事です。非定型うつの人は、主観的で他罰的な傾向にあるため、自分にも問題があるという認識を深めることなく、回復していくことが多いです。しかし、そこに落とし穴があります。うつになった原因が、他人にあるという具合に責任転嫁していきます。そのため、うつを起こしやすい本来の要因を、自分の中でなかなか探ろうとはしないわけです。その結果、非定型うつになりやすいという、本人の内面構造は何も変わらないまま同じような環境と条件のもとで仕事や生活をして、気づくと症状が再発していることがよくあります。通院しなくなっても、数か月後に再び、病院を訪れる人の割合は、非常に多いです。こうした際限のない再発という意味で、この病気は深刻です。そこには、従来型のうつ病とは異なる厄介さと治療の難しさがあります。そのため、まずは、病院を探すときに、非定型うつに対してどんな見解をもった医師や看護師がいるのかが一つポイントになります。加えて、非定型うつの治療実績がどれくらいあるのかというのもチェックが必要です。そして、自分の内面を見つめるきっかけを持たない非定型うつの人は、人間的な感覚というものがなかなかないため、再発を繰り返します。ですから、人間的成長というテーマを積極的に視野に入れたカウンセリング治療が必要です。セラピストとのマンツーマンの会話、または、日記や記録などによって、考え方のゆがみを修正していく、認知行動療法が有効になります。このプログラムを適切に行える病院というのも、病院探しの一つの指標になります。

Copyright© 2018 患者の増加する非定型うつに迫る【若い女性の間で増えている】 All Rights Reserved.